益子「もえぎ本店」高橋牧子ワークショップ

img_4img_3img_1img_0

2009年1月25日(日)PM1:00から、益子のもえぎ本店アトリウムにて、キルト作家 高橋牧子のワークショップが開催されました。
タイトルは「色の組み合わせを楽しむ手縫いのティーマットづくり」。
25枚のカットクロスを手縫いで繋ぎ合わせオリジナルティーマットを制作。2〜3時間で仕上げて、その後は、自分で作ったティーマットで、ゆっくりとお茶を楽しんでいただこうという企画です。

参加者には、まず、テーブルの上に並べられた、6cm角の色とりどりの布を25枚選んでもらいました。この作業を傍目に眺めているのが、今回のワークショップで一番楽しかった!真剣な顔つきで一枚一枚を吟味しながら布色選びをする参加者の皆様。同系色でまとめる方、補色で挑戦する方、私が用意したサンプルを見ながら「同じようにしたい」と見比べながら選ぶ方、ピンク系、青系、緑系、、、。
25枚の布を選んでもらった方は、次に机の前に並べられた白い板の上に、縦横5枚づつ並べて配色を考えてもらいました。皆様、悩まれるかな~と心配していましたが、ほとんどの方がすっきりと素早く並び終わりました。

さて、いよいよひたすら手縫いの開始です。端から順に2枚をはぎ合わせ、5枚繋げたら次の段へ、5段縫い終わったら今度はそれぞれの段を縫い合わせ、、、の要領で、ひたすら手と針を動かしてもらいました。「最近、手縫いなんて全然してないわぁ~。」「昔から苦手だったのよね~。」などとおっしゃる方々が、丁寧に細かく縫い上げて行く様子を感心しながら見ていました。全部縫い合わせるのは結構大変な作業で、開始からすでに約2時間が経ってしまいました。

25枚のトップが縫い終わった方の順に、わたしがアイロンで接着芯を貼り、裏布を合わせてバイアスで仕上げる準備をしました。この時点で、肩がガチガチ、一瞬立ち上がれない程ヨレヨレにになってしまった方も、、、。

1時からご参加の方々は、バイアスをぐるっと一周縫い、とうとう完成!!ショップ棟にあるカフェに、できあがったティーマットを持参して、お茶を飲みに行っていただきました。大変な思いをしたからこそ、出来上がった時の喜びも一際な皆様の様子。
2時からご参加の方々は、できあがった方もいましたが、辺りが薄暗くなってきてしまい、残念ながらお持ち帰りで、宿題ができてしまった方もいらっしゃいました。3時間もあれば十分終わると見込んでいましたが、見当違いで、お持ち帰りになってしまった方には、本当に申し訳なく思いました。。。
この日で、13名それぞれの、世界でたった一つのオリジナル手縫いティーマットができました!
参加していただいた皆様、本当にお疲れさまでした!!!

img_2