日光田母沢御用邸で親子のお茶会

11/18日、日光田母沢御用邸で親子のお茶会に参加しました。
子供たちと手を繋いでの御用邸内見学から始まり、最後は子供たちとのお茶会で締めくくり。
10時から3時まで、普段とは違った親子の時間を過ごす事ができました。
邸内は、想像以上に寒く・・・。
障子と襖で区切られたお茶室や待合室には暖房が入っていてホッとしましたが、廊下は外と同じ、または外より寒い。
けれども、寒さが身にしみる事によって、和の清々しい凛とした空気、空間も同時に感じられました。
母たちが学んだ講座「あれこれ、つながり講座」の一つに「躾」がありました。
身に美しいと書く躾。Meに美しいとも書けますね、とお茶の先生はおっしゃっておりました。
子は親の鏡。子は親の分身?
子供にばかり「しっかりしなさい、綺麗にしなさい、ちゃんとしなさい。」と口ばかりで叱っても余り効果の無いもの。母親が「身を美しく」保つ努力を惜しまず、美しい動作、言葉遣い、生活態度を子供たちに見させ続ける事が「躾」になるのだと、しばし反省と背筋が伸びる思い。
それと、夫に対しての態度。お茶の先生は、できれば三つ指ついて、「いってらっしゃい」「お帰りなさい」の挨拶を毎日しなさい、とおっしゃりました。たとえ夫がステテコ姿でだらしなく寝っころがりテレビを見ていてもよ、と。。。
共働きで働く女性(その日集まったのは保育園の保護者たちなので、全員が働く女性)が増えて男女平等と言われる世の中で、やはりそれか、とも思いましたが、その後に、「主演女優になりなさい。」というお話が出て、妙に納得しました。男性に対しては、こちらが下手に出た方がコントロールし易いですものね、確かに。
母親って、女性ってやっぱり大変だ、とも思いますが、それが身(自分自身)の為、子供のためと思えばこそ、日々頑張れるのだな、とも思い直した一日でした。
そう言えば最近、夫が「男はつらいよ」と寅さんみたいな事を出掛けに言うので、
「男がつらいなら、女はどうなの?」と聞いたら、
「もっとつらいよね。」って言うので、
「まぁ、お互い頑張りましょう。」と私。
全然、三つ指ついていませんでした、、、。(*^^*)

ベランダで収穫した種たち

気持ちの良い秋晴れです!
少しつづ収穫したベランダの種たち。
種を収穫する小さな喜びこそ、「ああ、生きてて良かった。」と実感する瞬間ですね。(大げさ、、、。)
それにしても、フェイスブックが主流になり、わたしもブログに更新が益々疎かになってきてしまいました。
でも、フェイスブックは交流の場、ブログは心のつぶやきと考えて、ぼちぼちなからも続けたいと思っております。
今から、娘の土曜授業参観へ行ってきます。
授業は、「親子百人一首」。
学校では五色百人一首が主流で、本日は緑色だそうです。

人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の 香ににほひける ~

せめて、一首は覚えて行かないと、ですね。

夏休みのキャンプ

暑い日が続いています。子供たちが夏休みなので、家族で二泊三日のキャンプへ行って来ました。
月曜日だったせいか、テントサイトは私たちだけ。貸し切り状態だったので気兼ね無しに自然の中でのんびりと過ごしました。子供たちは、殆ど一日、小川で沢ガニを見つけたり、石を積んでで水の流れを塞き止めたりと遊んでいました。案外、自然の中では飽きずに遊んでいる子供たち。下の子がヒルに吸い付かれる騒ぎがあり、その他、虫に刺されたり、水シャワー(コインシャワーの不調)を浴びたりしながらも元気に過ごしました。

今日のランチは「しもつかれ」

先日、主人の高校時代の同級生で、お医者様と建築家のお二方が「しもつかれ」ご持参で我が家にいらっしゃいました。
~いただいたしもつかれ紹介~
「日村さん家の、旦那様手づくりしもつかれ ノーマル(写真左)と味噌入り(写真中央)」
隠し味?の白ごまと味噌入りのオリジナルアレンジが絶品!
「石さん家の、90歳と86歳のオットサン、オッカサン共作しもつかれ(写真右)」
みずみずしくしっとり爽やかで、とっても上品なお味。流石オトッサン、オカッサン!
です。

詳しい事は分かりませんが、「しもつかれコンテスト」なるものがあり、ご出品されると同時に、我が家にもお裾分けで持って来て下さったようです。
わたしの母は福島県出身なので、子供の頃「しもつかれ」が食卓に上がることはありませんでした。
子供の頃は神奈川県厚木市に住んでいたので、しもつかれとも無縁でした。
それでも、「しもつかれ」に何処か懐かしさを感じるのは、父の日光市にある実家で、里帰りのお正月に、おばあちゃんが作る「しもつかれ」をきっと食べていたのでしょうね。
宇都宮市に移り住んでからはご近所さんからの頂物などで時々食べる「しもつかれ」。
特に好きでも嫌いでもない「しもつかれ」ですが、歳のせいか、今年に入ってからは「しもつかれ」に自然と手が伸びるようになりました。そういえば、先週末のおおやかやぶきの家での「いろりの会新年会」でも、「えみこさんのしもつかれ」がお披露目されていました。わたしの隣に座っていた、宇都宮のお惣菜屋さん、ソザイソウザイ(そざいそうざい) のオーナーも「しもつかれ」が若い人に売れているとおっしゃっていました。

今日のランチは「しもつかれ」。
一人しもつかれ品評会をしながら、とっても美味しくいただきました。
主人も子供たちも、どうにも手が出ないので、わたしが一人でいただいた全パックを完食させていただきました。ごちそう様でした。
しもつかれは、ご家庭によって味が微妙に異なり味わい深いですね。
複雑な味わいで、お腹もじ~んと暖かくなり、心も体もぽっかぽか。
時間をかけた手づくりのお味は本当に良いものですね。

2012年、新年明けましておめでとうございます

2012年、新年明けましておめでとうございます(今年も後3時間)

大晦日、皆様、どのようにお過ごしでしょうか?
わたしは、30日から1泊2日で実家に行き、久しぶりにのんびりと過ごしておりました。
昨晩は、姉の家族(5人)も一緒に、年に一度の豪勢なしゃぶしゃぶを家族で賑やかに味わいました。
本日(大晦日)は、晴天の午前中、母とのんびり散歩(誰一人、他に散歩をしている人はいませんでしたが、、、)をしながら昔話しをしていたら、幼い頃の思い出がフラッシュバックして、まるでタイムスリップした気分でした。

3.11以降、家族で一緒にいられて、寝るところがあって、一日三度の食事ができて、、、それだけで幸せだと日々感じて行きてきました。
今年は、人生のターニングポイント?(四十)に達し、もしかして今が一番幸せなのかも知れないと思うと一瞬一瞬もが大切に思えて、側ですやすやと眠るまだ幼い我が子の顔をしげしげと眺めながら「今のこの時が永遠に続くといいのになぁ」と寝る前にはいつも思っていました。
それでも、時は確実に進み、子供たちも日々成長し、いよいよ今年も後3時間。

歳を取り(まだ若いと自分ではもちろん思っていますが、、、)容姿は衰える一方、人として内面は磨き続けて行きたいと真に思います。
来年も、できる限りに自分の手を使い、何か良い仕事ができるよう努力して行きたく、またそれが楽しみでもあります。

写真は、8歳の娘が描いた絵を、夫が版画にしたものです。

下仁田ネギ、今年も届きました!

今年も再び、社会芸術 代表の吉田富久一さんから、突然、下仁田ネギが届きました。
昨年も同じ時期にネギを送っていただき、
「このネギすご~い。王様のネギだって!」と喜んだ子供たち。
普段、ネギは「苦くて嫌い」とよけているのに、下仁田ネギは特に内側のトロっとしている所が大好物の息子。
その晩、早速、ネギのホイル包み焼きにしていただきました。
鍋に入れても、すき焼きにしても最高の下仁田ネギ。
年末のごちそうが増えました。

不意の喜びをもたらしてくれた吉田さんに今年も感謝して、今日の一本いただきます!

秋の木の実

今朝の宇都宮は少し寒かったですね。今は朝の8時半。娘が7時半に家を出るので、毎朝6時半に目覚ましをかけています。1年生の時から使っている目覚ましコラショが「おはよう、あさだよ、おはよう、あさだよ。」と言うと、平日は「あ~、朝が来るのが早いなぁ」と毎回思います。娘を時間通りに学校に送り出さなくてはならない!という親としての使命感だけでようやく起きているという感じです。なので、学校がお休みの日は、朝は思う存分?寝ています。子供たちは、いつも湯たんぽの様に温かく、その熱を分けてもらって暖まるのは本当に幸せ。今のわたしにとっては、それこそが真の幸せを感じる瞬間です。
秋の木の実、大好きです。紫色の木の実を発見!
小さくても、ほんの何日かの命でも、何処かでひっそりと輝いている自然の命と恵み。
そんなささやかながらもかけがえの無いものを見つけられる目を持ちたいです。

軽井沢の紅葉

随分前になりますが、、、10/10,11,12、祝日と子供の秋休みを機会に、2泊3日で軽井沢に小旅行へ行きました。軽井沢に到着した、10/10は、忘れられない雲一つない晴天で、爽やかな秋晴れの清々しい空気の下、子供たちと初めて軽井沢の地を訪れた、思い出深い一日となりました。

いつも車で遠出する時には、夫が20年前の地図を片手に(わたしは方向音痴で全くナビにならないので。)、迷いながら、時々「あっち!こっち!」と言い合いしながらもなんとか目的地に到着!というパターンでしたが、今回からは地図無用、夫婦喧嘩無しになりました。
というのも、初のカーナビを新規購入したからです。
カーナビって、噂には聞いていましたが、ホントに便利ですね。知らない場所へ行く時に道を教えてくれるなんて嬉しくなりますね。「この辺は事故多発地域です。」といちいち教えてくれるのは余計ですが。

家族スナップから、自然の景色まで、200枚程の写真を撮りましたが、いつも撮りっぱなしで、、、。
古いeMacにはデータが重すぎるのか、写真の一覧を開くまでに、ジ、ジ、ジ、ジ、ジ、と音がして、時計マークがくるくる回り出してしまうので、写真を選び出すのも、一苦労。
撮っている時には、帰ったら「軽井沢写真集」と作ろうと張り切っていたのに。

10月中旬の軽井沢の木々は、少しだけ紅葉していました。
星野温泉「トンボの湯」の前の広場に、一本、真っ赤に紅葉している紅葉の木がありました。
今頃の軽井沢は、紅葉真っ盛りなのでしょうか?
来年も又、軽井沢へ行き、リフレッシュしたいと思います。

今年も作りました、毎年恒例の栗の渋皮煮

あっ、という間に10月半ば。10月に入ってから、初のブログアップです。1週間に一度の書き込みをめざしていたのに、反省。。。
10月は、1年の中でも一番好きな月。秋刀魚、栗、柿、梨、、、美味しい自然の恵みも一杯。
毎年恒例の栗の渋皮煮、今年も沢山作りました。栗の皮を剥くのは一苦労ですが、娘が喜んで食べてくれるのが嬉しくて頑張って作りました。栗ご飯も何度も炊きました。もう、栗はしばらくいいやと思える程に栗尽くしでした。

娘の小学校の秋休みを利用して、二泊三日で軽井沢に小旅行へ行きました。
10/10は、雲一つない秋晴れで、最高に気持ちの良い一日でした。
久しぶりに遠出をして、少し気分もリフレッシュ。
わたしは、「移動している」感覚が好きなようです。
日本国内ならば時差も無いし、同じ時間が流れているはずですが、「移動する」事によって、少しずれている気がして、それがいつもと違う時間が流れているようでリフレッシュできるのかも知れません。
まぁ、旅行というのは、休みをとって「いつもと違う場所に行き、いつもと違うものを見て、いつもと違う事をする」のが主な目的でもあるので、「いつもと違う」という事が大前提なのですものね。
ささやかながらも、家族の思い出もできました。
お出かけが大好きな子供たちは、丸々三日も外で遊べて大喜びでしたが、この楽しかった家族旅行を何時まで覚えていてくれるかな?
自分が子供の頃に旅行に連れて行ってもらった事を思い出そうとしました。
小学校の頃は、神奈川県厚木市に住んでいたので、毎年、仲の良い家族と一緒に熱海に行っていたそうです。凄く楽しみにしていた様ですが、思い出すのは「なんとなく」。それでも、
一番覚えているのは、熱海の凄く凄く本気で怖かったお化け屋敷で、誰かがお化けのカツラを掴んでとってしまい、「な~んだ、人間なんだ」ってほっとして、可笑しくなってしまった事。
それと、ホテルの部屋で見た「南の島のフローネ」(だったかな?)。
記憶って不思議ですね。そのシーンだけ、鮮明に覚えています。

植物などの写真を沢山撮ったのですが、まだ読み込んでいません、、、。
読み込んだら、「軽井沢の植物写真集」を作って、楽しみたいと思います。

夏休みの終わり

子供たちの夏休みの締めくくりに、雨で延期になっていたキャンプに思い切って出かけました。天気予報では「雨」だったのですが、去年、大笹牧場でのキャンプで猿の群れに遭遇し(しかも、夜通し大雨)、
怖い思いをして依頼、キャンプを凄く嫌っていた娘が、「どうしても行きたい」と言い出したので、行く事にしました。場所は、矢板県民の森のキャンプ場です。家を出発してから、現地に到着するまで雨が降って来なかったので、「出だし好調だねぇ」とウキウキし、昆虫館で珍しいカブト虫や蝶の展示を眺めました。わたしが特に夢中になりかけたのは、蝶の標本。その羽の模様の美しさに惚れ惚れしてしまいました。蝶の標本の前で立ち止まり、じっくり眺めているわたしの脇で、子供たちが、「ねぇ、ママ早くあっちに行こうよ」と誘うのは、「昆虫折り紙コーナー」。それが、結構難しくて、「あれ作って、これ作って~」なんてあれこれ折っている間にお昼。お腹も空いたので、外のベンチでおにぎりを食べる事にしました。
そして、外に出て、ガ~ン。雨が降り出していました。
おにぎりを食べながら、大人たちは
「雨の中、テントを張るのは辛いねぇ、帰ろうか?」などと話し合っていると、
娘が、「せっかくここまで来たのだから、今日は家に帰りたくない!」と言い切ったので、たまには(いつもですが)娘の言う事も聞いてあげるか、と、帰らずにキャンプをする事にしました。持ち込みテントサイトを予約していましたが、パンフレットを見ると、高床式テントサイトというのがあり、既にテントが貼ってあるサイトがあるので、それがいいね、という事になりました。去年は大雨の最中にテントを張り、なんでこんなに大変な思いをしなくてはならないのだ、とう感じだったので、ぜひとも既存のテントを希望したい思いでした。チェックインの1時にキャンプ場管理棟へ行き、管理人さんに聞くと、本日の利用者は無しという事なので、一番広いテントで、炊事場に近い場所を選ぶ事ができました。4時頃からバーベキューの支度を始めました。子供たちにエビの殻を向かせたり、背わたをとらせたり、ピーマンを切らせたりしました。ディズニープリンセスの柄の子供用包丁を2年生になった時に買ってあげてから、切る事だけは積極的に手伝ってくれるようになった娘。背わた取りも最初は「危ないからママがするから」と言っていたのに、「やってみる、大丈夫だから」というので、任せてみたら、案外上手にできました。子供と一緒に何かをするのは、自分一人でするよりも倍以上の時間が掛かりますが、子供たちが一人でできた時の喜びも倍ですね。。。

さて、その後もカッパを着てさわで遊んだり、満天の夜空を見たり、、、キャンプの話は延々と続きますが、夏休みはあと1日で終わります。
朝7時半に起きていた時間を、1時間早い6時半にしなくては。
朝、子供たちを学校や保育園に忘れ物をせずに無事に送り出す事が、仕事より大変だと思う日々が始まります。

写真は夏休み中のお客様が来た時のベランダパーティの様子、夏休みに作った子供Tシャツやスカート、そして、娘がママの為におじいちゃんと一緒に作ってくれた「フウセンカズラのティアラ」です。
フウセンカズラのアクセサリーは、子供たちを二人だけでおじいちゃん家に二泊三日で合宿させた時に作ってくれたものです。

blog_import_5796d69acc0c0 blog_import_5796d69c6fd68