手縫い母の会~ハロウィンのキャンディーバック作り~

昨日は手縫い母の会でした。近頃は、すっかり現役メンバー代表のMちゃんに任せっきりで、わたしはほとんど何にもしていないのですが、前日の日曜日に「やっぱり何かサンプル作らなきゃ!」と思い立って、ハロウィンのキャンディーバックをフェルトで作りました。

~材料と作り方~バック2個分
オレンジ色のフェルト40cm×40cmを1枚
緑色、こげ茶色のフェルト20cm×20cmを各1枚
ビーズ、リボン等(あれば、、、)

1.オレンジ色のフェルトから、30cm×5.8cmの長方形を8枚分切り取ります。
2.長方形4枚を重ねて、中央を糸と針で止めます。
3.長方形をずらし、クロスさせます。
4.サイドを縫います。
5.緑色のフェルトを四等分にして、2枚を縫い合わせて持ち手にします。
6.茶色のフェルトで、目、鼻、口を作り、バックに縫います。
7.お好みで子供のイニシャルを入れたり、リボンやビーズを付けたりしてお楽しみ下さい。

う~ん、図説が無いと分かりにくい説明ですね。。。写真からイメージしてくれると良いのですが、、、。
サイドの縫い方で、丸みを付けたり、エッジを立てたり、お好きな形に出来ます。
もともとは、紙で作るクラフトの作り方を参考にしています。
わたしが、サンプルを作っている側で、子供たちが、「作りたい!!!」と言うので、子供たちには紙で作らせました。A4サイズの紙を4等分すれば、バック1個分が出来ます。サイドはボンドを使って止めました。目、鼻、口は折り紙で作りました。ハロウィンパーティーでお友達同士で集まる時に皆で作ってみるのも楽しそうですね。

手縫い母メンバーのNさんに、ルッコラとゴーヤをいただきました。それぞれ、昨晩の夕飯のおかずでゴーヤチャンプルー(自己流)と、本日のランチ、ルッコラとオイルサーディンのパスタにして、美味しくいただきました。ルッコラとオイルサーディンの組み合わせはグッドでした。サーディンの臭みをルッコラが爽やかに消しさってくれました。
食べる直前に、「あっ、ブログにアップしよう。」と思い、慌てて写真を撮りました。
Nさん、時々ブログをチェックして下さっているようで、嬉しいです。
ごちそうさまでした!我家では何でも食べるので、自家栽培で沢山できたら又よろしくお願いします♪
我家では、今年の夏は、娘がベランダでピーマンとミニトマトを育てていました。そして、
「あ~、自分で育てた野菜は美味しいなぁ」と喜んで食べていました。
写真、具が片寄っていますね、、、。美味しそうに見えますか?とっても美味しかったのに、、、。
最近好きな雑誌「暮らしの手帖」のお料理の写真のように、とっても美味しそうに素敵に撮れるようになりたいな。

 

タオルポンチョ作り

今日は、久々に手縫い母の会に参加しました!
元々は、娘の幼稚園時代にわたしとその友人たちとで立ち上げたクラブですが、今では、発足時からのメンバーであるMちゃんに代表となってもらい、活動してもらっています。
本日は、メンバーのママからのリクエストもあった様で、Mちゃんが考えてくれた「タオルポンチョ」を作りました。今日は、なんと、約20名のママが集まってくれました。わたしの現役時代は十数名でしたが、Mちゃん、凄いね。
タオルポンチョは、バスタオルとフェイスタオルが1枚つづあればできます。
作り方は、フェイスタオルを半分に折り、片側を縫い帽子を作り、それをバスタオルの中心に縫い付けるだけ♪前羽織部分にボタンを付けるとなお良し。細かくは、お好みでレースやテーブで飾りを作ったり、子どものイニシャルを縫ってあげたりするとオリジナル感が増しますね。
できあがったタオルポンチョを小学2年生の娘に着せてみましたら、喜んでくれました♡
夏休みのプールが楽しみと言いたい所ですが、カワチドリームプールと一万人プールは地震で閉鎖らしいですね。。。

手縫い母の会~布のコサージュ~

本日は、昨日の春の陽気とは打って変わって、朝から雪まじりの雨、、、。
一体、どうした事でしょう?朝のあまりの寒さに、具合が悪くなりかけましたが、今日は楽しい仲間たちの集まる手縫い母の日。気を取り直して出かけました。いつもよりは少人数でしたが、10名弱のメンバーさんが集まって、今日も楽しくおしゃべりをしながら手縫いしました。

布のコサージュを作りました。写真のものは、「布のコサージュ 作り方」でヒットした方のブログを参考にさせてもらいました。
最近は、何でもインターネットで検索する時代ですね。

布のミニクリスマスツリー~手縫い母の会~

昨日は、手縫い母の会で、ママ達十数名が幼稚園に集い、手縫いで布のミニクリスマスツリー作りに励みました。赤や緑のクリスマス柄の布を合わせたり、シンプルに白い布を縫い合わせたり、メンバーそれぞれに好きな布でオリジナルミニツリーを作りました。
赤ちゃんや小さな子を連れて、楽しみで参加してくれるママ達もいるので、本当に嬉しいです。
私自身も、子ども達が三歳未満の時には、「時間が足りない!」と焦りを感じる事もありました。
でも、針仕事を始めてからの生活のテーマにしている「母の時間と針仕事」には、母の時間を大切にした上に、針仕事がある」という意味合いがあります。
お母さん達にとって、我が子は本当にかけがえのない、愛情を存分に与えられる存在です。
そして、お母さんたちは、子ども達から愛を一杯もらっているから頑張れるのです。

今年の夏に収穫して冷凍保存していた最後のブルーベリーでソースを作り、ヨーグルトにかけていただきました。今となっては、あの暑かった今年の夏が懐かしい、、、。

我が子の七五三が無事に終わりました。
子ども達が7歳と5歳まで元気に成長を遂げたを、家族全員で心からお祝いしました。
なんだかほっとして、ちょっと気が抜けていますが、
益子の「もえぎ本店」で開催される来年の2月の個展に向けて、ぼちぼち頑張ろうと、
気持ちを切り替えました。

文庫本サイズのブックカバー~手縫い母の会~読書の秋

昨日、手縫い母の会で、文庫本サイズのブックカバーをメンバーの皆様と一緒に作りました。
ハワイアン風、北欧風、チェック、ストライプ、ハート、ワッフル、、、、皆さん、それぞれお気に入りの生地で、オリジナルなブックカバーが仕上がりました!
わたしは、OG講師として参加させてもらっていますが、久々に会う仲間達とおしゃべりに花盛り。
手より口が動いてる感じですが、メンバーの皆様もそれぞれ楽しんでくれている(?)様。
赤ちゃん連れでご参加のママたちも、しっかりと作って帰って行きました。ママは頼もしいですね~。
少しつづでも、ママ達の手作り品が増えてゆく事が本当に嬉しいです。

さて、読書の秋です。わたしも、アトリエの隅っこで読書タイム。(一日10分)

手仕事の日本/柳 宗悦

この本の前書きに、私自身が手仕事を続けるにあたって、とても共感し、励まされる言葉がありました。

『手仕事には、民族的な特色が濃く現れてくること、品物が手堅く親切に作られること、そこには自由と責任とが保たれている。そのため、仕事に悦びが伴い、また新しいものを創る力が現れる。それ故、手仕事を最も人間的な仕事と見て良いでしょう。』

blog_import_5796d99a616c2

ままごとセットを卒園記念に手作り

昨日は、娘の通う幼稚園のサークル活動、手縫い母の会の最終日でした。
手縫い母の会は、2008年4月に、ママ共たちの間で「ぜひ、皆で集まって手縫いができる場を作って欲しい」という要望があり、立ち上げた会です。
今まで、月に一回、幼稚園に集まり、運動会の玉入れの玉、端切れを使ったアクセサリー作り、体操着入れ、クリスマスオーナメント、ドレスタオルなどを作ってきました。
2009年4月頃に、「フェルトでままごとセットを作って園児に渡したいね」と話し合い、お弁当セットをこつこつと作りためてきて、昨日、ようやく園にプレゼントをする事ができました。お弁当箱には、牛乳パックを箱形に組み立てて、ボンドでフェルトを張り、周辺を縫って仕上げました。その中に、おにぎり、ウィンター、卵焼き、海老フライ、ギョーザ、プチトマト、イチゴ等を詰めました。全部で12セット作り、3歳児クラス、年少、年中、年長の各クラスに一セットづつ、プレゼントしました。
最後に残ったおよそ15人のメンバーで最終日は賑わいました。

わたしのブログでは個人名が入るので紹介を控えますが、本日の朝日新聞の記事にもなりました!
また、園長が感激して、幼稚園のHPに写真入りで載せてくれました。
子どもたち、喜んでくれたかな?

手縫い母の会を通して、ママ共たちとの親睦も深まり、立ち上げて良かったと、最終日の帰り際に、しみじみしてしまいました。

もうすぐ卒園式。卒園式の後の祝賀パーティーのお世話係の祝賀委員でもあるわたし。。。
いよいよ忙しくなって来ました。
それでも幼稚園生活のクライマックス。
ママ共たちと楽しみながら、良い思い出作りに励みたいです。

ドレスタオル(タオルハンガー)~作ります~

—こちら「手縫い母の会」のコーナーでは、手縫い母の会で作ってみたものをアップします—

9月の手縫い母の会で制作予定のドレスタオルのサンプルを作って見ました。メンバーの方のリクエストで、「いいよ!作ってみようよ~。」と勢いで言ってしまったものの、実はわたしもドレスタオル初心者。ネットで作り方を調べて、ちょっとどきどきしながら初ドレスタオルを無事に制作し終えました。制作時間、約1時間。手慣れている方ならもっと早いのでしょうね、、、。最初にタオルにハサミを入れる所がちょっと勇気が要りました。(切り間違えたらとりかえしがつかないもんね)手持ちのバイアス布を使用しましたが、アイロンのり付けタイプで楽でした。手縫い母の会ではアイロンが使えないので(小さなお子ちゃまたちもいるから危ないもんね、、、)皆ちょっとバイアスを縫いつけるのに手こずるかも知れませんね~。でもバイアスが無くても、襟ぐりを折り返す等して処理すればOK。メンバーの皆様がどんな作品を作ってくれるのか、今から楽しみで~す。
わたしの第一作目。タオルのチョイスが良かったのか、まぁまぁ満足できる可愛らしいドレスタオルができました!ちなみに、ドレスにあわせて、ハンガーも作りました。ハンガーは針金ハンガーの小さいタイプ(大きいタイプだとドレスタオルが入りません!)に布を巻き付けながらボンドで貼付けるだけで簡単にできます。布は何でもお好きなもので良いのでしょうけれど、ニットタイプだとびよ~んとよく伸びて巻き付けやすかったし、仕上がりもGOOD★です。

保存

メンバー、お別れメッセージカード作成

img_2

—こちら「手縫い母の会」のコーナーでは、手縫い母の会で作ってみたものをアップします—

手縫い母の会のメンバーのお二人がお引っ越しされる事になったので、皆でお別れのメッセージカードを手縫いで作成しました。厚紙にフェルトを貼った台紙に、自由製作してもらいました。すると、個性溢れる素敵なオリジナルメッセージカードができました!
わたしが一番感動したのは、誰もが一生懸命に一枚のカードに自分ができる精一杯の思いを込めて、大切に作ってくれた事です。世界にたった一枚のオリジナルカード、手縫い、手作りの最高に暖かい贈り物になりました。

img_1-22 img_0-27

フェルト小物ー牛乳パックで箱作り

 img_1-4

—こちら「手縫い母の会」のコーナーでは、手縫い母の会で作ってみたものをアップします—

手縫い母の会のメンバーの皆様へ

フェルトの牛乳パック箱作り

一回目 4月14日(火)10:30 ~12:30くらいまで
ニ回目 5月12日(火)10:30 ~12:30くらいまで

皆様のご協力により、可愛いフェルト小物が沢山できましたね!牛乳パックでの箱作りは、ちょっと難しいのですが、チャレンジしてみましょう!写真はサンプルです。こんな感じでいいでしょうか?皆様のアイディアもお待ちしております。

◎「手縫い母の会」とは、幼稚園で園児のお母様達が集うサークル活動で、主に日常生活上のちょっとしたものを、皆で楽しくおしゃべりしながら手縫いする会の名称です。

img_0-6