~「あかり」が、点展 ~「ギャラリーバーン」出品のお知らせ

~「あかり」が、点展 ~ 出品のお知らせ

那須野が原、黒磯のギャラリーで開かれる「あかり」が、点展に参加致します。

『すがたかたち工房』のランプシェード、スタンドライト、木製ライトは、ギャラリーバーン でご覧いただけます。

※写真のスタンドライトは自宅で撮影したものです。

会期:9/29(水)~10/17(日)
時間:11:00~17:00 ※火曜定休
会場:『ギャラリーバーン』  那須塩原市小結88-197 TEL&FAX:0287-64-2288

灯りが恋しくなる季節がやってきました。
今回、ギャラリーバーンさんで、すがたかたち工房の灯りを展示させていただくことになりました。
お気に入りの灯りを探しに、那須野が原、黒磯のギャラリーをぜひ楽しんで巡って下さい。

[http://www.barn.jp/now/ ギャラリーバーン「あかり」が、点展]

こしろルネッサンス~森のふくろう~ 8月

img_9-1

~こしろルネッサンスに参加しました~

日光市、下小代駅近くの、手づくりオーダー家具のお店「森のふくろう」さんで開催された「こしろルネッサンス」に参加しました。森のふくろうさんが現在進行形で手づくりで建築しているスタジオを周辺の作家さん達にオープンし、展示即売•実演をするイベントです。
毎月第3日曜日にイベントは開催されます。8/15日は、弟3回目のオープンでした。
漆、陶器、竹細工、アート、工芸、アロマテラピー、カフェなど、大勢の愉快な仲間が集まっていました。今回は、滑川五郎さんの舞踊や、ギタリストの小川倫生さんの参加があり、工芸のみならず、ダンスと音楽が加わり、いっそう充実したイベントになりました。

わたしたちは、またまた子ども達も連れて「すがたかたち工房」として家族で参加させてもらい、多いに楽しんだのでした。
わたしは、アロマテラピーで、「ハンドマッサージ」をしてもらいました。
オイルにローズウッドの精油を混ぜると、ふわっと自然の良い香りが漂い気持ちの良いひとときを過ごせました。
お客様のみならず、参加者たちもお互いに関わり合って楽しんでいます。

それにしても、猛暑!でした。

NIKKO 2010 こしろルネッサンス 主催:ぽろろん•ぽろろん

森のふくろうさんとeast Fieldさんがつぶやきました。
「こしろからルネッサンスしたいネェー!!」と。
そんな訳で物づくりの文化再生とも言っていいのか毎月3かい目のSUNDAYに
こしろルネッサンスを開催することになりました。
はじめはヨチヨチでも、つづけるうちに、いろいろなおもしろい仲間たちが
ポロろんボロろんと集まってくるでしょう!!
こしろルネッサンスはものづくり万歳のちっちゃなイベントなのです。

~森のふくろう~info~
手づくりオーダー家具のお店
栃木県日光市小代260
0288-27-1360

img_0-1 img_1 img_3 img_4 img_5 img_6

予告!こしろルネッサンス~森のふくろう~

夏休み真最中!わたしはブログも仕事もしばしお休みし、子ども達と遊ぶ日々です。
プールにキャンプ、お祭りに花火。とうもろこしにスイカにブルーベリー。
わたしは去年に比べて今年の夏の暑さに夏バテ気味でもあります、、、。

映画は、「借りぐらしのアリエッティー」を見ました。
そして、アリエッティーが借りに出る時のドレスに少し似せて、赤いドレスを娘のために縫いました。

さて、明日8/15日(日)1ヶ月振りに、「こしろルネッサンス~森のふくろう~ 」に参加致します。
今度は、ふくろうさんの甥っ子のギャラリーでの展示です。
子ども達も一緒なのでドタバタではありますが、見に来て下さる方々との出会いを楽しみにしています。
明日もきっと様々な作家さん達が集まり、楽しい一日になることかと思います。
お近くの方は、是非、遊びにきて下さいね。

info ~こしろルネッサンス~森のふくろう~

森のふくろうさんとeast Fieldさんがつぶやきました。
「こしろからルネッサンスしたいネェー!!」と。
そんな訳で物づくりの文化再生とも言っていいのか毎月3かい目のSUNDAYに
こしろルネッサンスを開催することになりました。
はじめはヨチヨチでも、つづけるうちに、いろいろなおもしろい仲間たちが
ポロろんボロろんと集まってくるでしょう。
こしろルネッサンスはものづくり万歳のちっちゃなイベントなのです。

~森のふくろう~~
手づくりオーダー家具のお店
栃木県日光市小代260
0288-27-1360

保存

こしろルネッサンス~森のふくろう~

日光市、下小代駅近くの、手づくりオーダー家具のお店「森のふくろう」さんで開催された「こしろルネッサンス」に参加しました。森のふくろうさんが現在進行形で手づくりで建築しているスタジオを周辺の作家さん達にオープンし、展示即売•実演をするイベントです。
毎月第3日曜日にイベントは開催されます。7/18日は、弟2回目のオープンでした。
陶器、竹細工、アート、工芸、お花、カフェなど、大勢の愉快な仲間が集まっていました。

わたしたちは子ども達も連れて「すがたかたち工房」として家族で参加させてもらい、多いに楽しんだ(特に子どもたち、、、)のでした。

NIKKO 2010 こしろルネッサンス 主催:ぽろろん•ぽろろん

森のふくろうさんとeast Fieldさんがつぶやきました。
「こしろからルネッサンスしたいネェー!!」と。
そんな訳で物づくりの文化再生とも言っていいのか毎月3かい目のSUNDAYに
こしろルネッサンスを開催することになりました。
はじめはヨチヨチでも、つづけるうちに、いろいろなおもしろい仲間たちが
ポロろんボロろんと集まってくるでしょう。
こしろルネッサンスはものづくり万歳のちっちゃなイベントなのです。

~森のふくろう~info~
手づくりオーダー家具のお店
栃木県日光市小代260
0288-27-1360

blog_import_5796da46d5632

blog_import_5796da4a4d465

保存

社会芸術”自力更正車+α計画”2010 in 宇都宮 NO.3

宇都宮市オリオン通りで開催中の、社会芸術 代表の吉田富久一さん率いるアートイベントに行きました。

写真は、吉田さんの屋台で作らせてもらった面子のモビール。
子どもたちのどんな絵でもお褒め下さった吉田さん、ありがとうございました。

blog_import_5796db6de0857

blog_import_5796db6c23586

保存

社会芸術”自力更正車+α計画”2010 in 宇都宮 NO.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—こちら「買いました」のコーナーでは、わたしが購入しました素敵な作品をご紹介致します—

社会芸術”自力更正車+α計画”2010 in 宇都宮で購入した、面白アクセサリーや光オブジェ。
視点が違う!アクセサリーはよく見ると、電気コードを束ねる時に使うプラスティックのパーツでできています。光オブジェは青と赤の光が交互に灯り、上からみると瞳のよう。
アーティストたちの作品は、やはり日常に楽しい潤いを与えてくれますね。

子どもたちも今日は楽しかったようで、アクセサリーを身につけ、鏡の前でチェック。
その後、図書館で借りてきた「coba」のアコーディオンに合わせて面白踊りをご披露してくれました。

blog_import_5796db79865eb

blog_import_5796db7b38f23

blog_import_5796db8076bec

保存

社会芸術”自力更正車+α計画”2010 in 宇都宮 NO.1

—こちら「行きました」のコーナーでは、行って「観た」出来事を綴ります—

宇都宮市オリオン通りで開催中の、社会芸術 代表の吉田富久一さん率いるアートイベントに行きました。
阿部大雅さんが大谷石で作ったピザ釜で、子どもたちが作ったピザを焼いてもらい食べました。イタリアの小麦粉を使った生地は、モチモチで美味しかった~。
+@アポロ99号真夜中のサーカス団の自転車屋台では、電気コードを留めるプラスチックで作った面白いアイディアのアクセサリーを、光の仕事そして「居場所」プロジェクトでは田中清隆さんの不思議な光オブジェを購入しました。
吉田さんの屋台では、面子でつくるモビールを作らせてもらいました。これは、子どもたち、大喜び。
宇都宮にいよいよ参上した、社会芸術”自力更正車+α計画”。
皆様もぜひ、アートのある生活をお楽しみ下さい。

~INFO~
社会芸術”自力更正車+α計画”2010 in 宇都宮
主催:ギャラリー•イン•ザ•ブルー 028-635-5832
4/25(日)、4/27(火)、オリオンスクウェア、画廊前路上でイベントがあります。詳しくは、ギャラリー•イン•ザ•ブルー(028-635-5832)までお問い合わせ下さい。

保存

保存

保存

斉藤洋さんの染め布で

11月にギャラリー悠日で出会った斉藤洋さんが、京都から染め布の端切れを送って下さりました。

実はわたし、出会ってから斉藤洋さんの染め布に一目惚れしてしまい、
「是非、斉藤さんが染めた布でランプシェードを作ってみたいので端切れを送って下さい。」などと図々しくもお願いしていたのでした。すると、しばらくして、本当に染め布の端切れを送ってきて下さったので、なんて親切な方なのだろうと再び感動し嬉しくなりました。そして、ランプシェード、、、、、と思いましたが、取り敢えず、「縫いたい!」気持ちが久々にむくむくと沸き起こり、三角形の端切れを縫い合わせてみました。
「冬のしんしんと寒い日、南側の良く陽野あたる部屋で一人静かに縫い物をする時間」
そういう時は、タイムスリップをしたように、自分自身を昔の女性に重ね合わせます。着物を縫ったり、布団を繕ったり、、、縫う事は仕事であり、大変な作業であったと思いますが、「縫う」という地道な作業の中でも針と糸と布だけで自分の手を動かす事によって何かが仕上がって行くささやかな楽しみや喜びがあった事かと想像し、自分はそういう女性たちの生まれ変わりなのだとしみじみと感じるのでした。

斉藤洋さんの染め布、やはり素敵です。この布は、ウールシャークで、シャツに仕立てた時の端切れだそうです。

保存

保存

西成田洋子さんのポストカード

img_0-11

—こちら「買いました」のコーナーでは、わたしが購入しました素敵な作品をご紹介致します—

西成田洋子さんの作品ポストカードです。

水戸にある「ギャラリーしえる」の西成田洋子展のオープニングに家族でおじゃましました。
洋子さんの作品は、「すごくおもしろい!」洋子さんご本人は、快活で素敵なお方です。
ポストカードの写真の作品をご覧になっただけでも、
「これ、なんだろう?」とじーっと食い入る様に見てしまうに違いありません。
実物は、もちろん、とびきりユニークです。とにかく、世界中どこを探しても、どこにも無いでしょう。それでも、自然や人間の人体に近く、ドキっとさせられます。
この作品は、売約済みになっておりました。どなたがご購入されたのでしょう。羨ましいです。

子供たちは、ギャラリーの外と中を行ったり来たり、、、、庭にあったシャベルで土を掘り泥だらけに、、、洋子さんには、キャラメルを「ちょうだい!」とねだり、、、パーティーが始まると、遠慮なく「あっ!いちごだぁ。食べたい」とばくばく、、、、、。なんとも落ち着かない気分だったのですが、テーブルにはワインが、、、。ワインに目のないわたしが、夫の顔を覗き込むと、「僕、運転だから、飲んでいいよ。」の一言。やっほ~。白ワインと赤ワインをグラスに一杯づついただきました。しかも、しえるの奥様のとっても美味しい手料理と一緒に。幸せなひとときでした♡

ポストカードは、しえるの旦那さまが作られたという格好良いフォトフレームに入っていましたが、アクリル板が光って上手く撮ることができなかったので、外して、自作キルトにピンナップして撮影致しました。また、元のフレームに納めて、自宅アトリエに飾らせていただきます。