オランジュリー美術館-2017

モネの睡蓮を観に、パリのオランジュリー美術館へ。

2012年より仕事で毎年パリに滞在するようになったので、なんとなく最近来た気分になっていましたが、実際は、なんと学生だった二十数年前以来、でした。オランジュリー美術館は、コンコルド広場の隣、テュイルリー公園内にセーヌ川に面して建っています。もともとはテュイルリー宮殿のオレンジ温室(オランジュリー)でしたが、1927年、モネの『睡蓮』の連作を収めるために美術館として整備されたそうです。まさしく、モネの睡蓮のための空間です。

 

画像ではコントラストが強く見えますが、実際はもっと柔らかい色合いです。

中心辺りの水に浮かんだ睡蓮の葉が人の目のように見えて顔が浮かび上がってきませんか?隣に居た夫に「顔に見えない?」と言ったら、「見えないけど。なんでも顔に見えるんだね。」と言われました。

大胆に立体的に睡蓮が浮かび上がって見えます。

モネは、1883年からパリの北西70kmの美しい村ジヴェルニーに移住し、ここに家を建て、庭を造成したそうです。家の前には色とりどりの花が咲き乱れる「花の庭」を造り、1893年には家の敷地の道路を隔てた隣の土地を買い、「水の庭」を造りました。「水の庭」には、池を作り睡蓮を植え、この自分がつくり上げた幻想的な庭で、モネは睡蓮の池の前で季節ごとに移り変わる光と睡蓮のある景色を描いたのでしょう。

メゾン・エ・オブジェでの仕事が無事に終わったら、ジヴェルニーの庭を訪れる予定です。

それにしても、近頃はフラッシュをたかなければ美術館でも写真を撮り放題なのですね。皆、スマホでバシバシ撮っていました。きっと自分のSNSでご披露するのでしょう。

睡蓮の前でダンスしている様子をビデオに撮っている女性がいて、ちょっと驚きましたが、もはやなんでも有りなのか、注意もされていませんでした。確かに踊りだしたくなるような空間ですものね。そんな現代の様子を見たら、モネもびっくりでしょうね。

真ん中辺り、絶対、顔に見えますよ。

天井を見上げると、、、。とても幻想的。パリに居ることを実感する瞬間でもあります。

人が居ないショットを狙っていますが、本当は結構沢山の人がこの空間に居ます。ご年配の方々は、真ん中の椅子に陣取って座っています。そして私たちも、、、。

ああ、素晴らしい。モネは生きている内に画家として大成功を収めました。家族にも恵まれ、どんなに幸せだったことか。

アーティストに付き纏う苦悩は別として。

Gare du Nord-パリ北駅

パリ北駅(Gare du Nord)

フランスの首都・パリ市10区にあるフランス国鉄 (SNCF)・パリ交通公団 (RATP) の駅。

SNCFにおけるパリの主要ターミナル駅の一つである。

gare-du-nord-1

パリ滞在中は必ずお世話になるパリ北駅GARE DU NORD。

本日は、11時25分発のTHALYS9333便に乗ってブリュッセルに向うためにパリ北駅に来ました。

gare-du-nord-2

パリ北駅の前は、いつも人で一杯。でも、決してここで立ち止まったり、ぼーっとしていてはいけません。

gare-du-nord-3

パリ市内へ行くメトロ、RERはもちろん、フランス北部方面へ行くTGVや、

ロンドン行きのユーロスター、ブリュッセル、アムステルダム、ケルン行きのタリス等がパリ北駅から出発します。

gare-du-nord-4

パリ郊外へ行くSNCFの列車。

gare-du-nord-6

SNCFの列車でもいろいろなかたちの列車があるようです。こちらはレトロな雰囲気。

gare-du-nord-7

撮り鉄では有りませんが、駅に居ると、つい列車の写真を撮りたくなります。

gare-du-nord-10

ロンドンへ行く、ユーロスター。

gare-du-nord-5

電車に乗る前には、まず時刻掲示板で発車ホーム番号を確認する必要があります。

11時25分発、ブリュッセル行き、有りました。

直前までゲートが分からなかったり、途中から突然ゲートが変わったりするので要注意。

gare-du-nord-11

THALYS。赤いボディでした。ベルギー、ブリュッセルまで約1時間半。違う国へ行くというのに、あっという間ですね。

gare-du-nord-12

列車の中でサンドウィッチや飲み物が買えます。

gare-du-nord-8

現地でチケットを入手した場合は、ホームに入る前に、compostage de billetsに切符を通して刻印する必要があります。

ちなみに私は、たいてい、

RAIL EUROPEで予約をして、事前に日本でチケットを購入しておきます。(チケットの配送料が1,500円掛かります。)

この場合、compostage de billetsに通さなくても良いらしいです。

予定が決まっているのであれば、事前にチケットを購入しておいた方がお安いし楽ですのでおすすめ。

パリ北駅(Paris Nord)からブリュッセル中央駅(Bruxelles Midi)まで、1時間22分、料金は一人25€でした。

gare-du-nord-9

こちらは、TGVのcompostage de billets。

シャルトル-町並み

chartres-c7

シャルトル大聖堂の裏手には、綺麗に整えられた庭があります。

ここから、町に降りる階段があり、シャルトルの美しい町を歩いてみる事にしました。

chartres-c9

こんな美しい町に住んだら、一体どんな毎日だろうか?

chartres-cc

階段を降りて、シャルトル大聖堂から、シャルトルの町へ。

 

 

chartres-c1

川沿いの景色。

chartres-c2

増設したのでしょうか?リフォームでしょうか?建物から飛び出た緑色のテラスがこれまた良い感じ。

chartres-c4

遠くにシャルトル大聖堂の尖塔が見えています。

chartres-c5

モザイク制作のアトリエ。

chartres-c6

モザイクの制作現場を見てみたい。興味津々、しばし覗き込んでしまいました。

chartres-c8

川の色は濁っていますが、ゴミ一つ浮いていず、鴨さんたちが泳いでいます。

chartres-c10

住んでみたいなぁ、とシャルトル駅前の不動産屋のチラシをチェック。如何でしょうか?

シャルトル大聖堂の外観はこちら

シャルトル大聖堂のステンドグラスはこちら

シャルトル大聖堂の北塔からの眺めはこちら

シャルトル大聖堂の彫刻はこちら

シャルトル-シャルトル大聖堂-塔

chartres-a9

パリのモンパルナス駅から在来線(SNCF)のル・マン行き急行列車に乗り約1時間、シャルトル駅下車でシャルトル大聖堂へ。

シャルトル大聖堂の中に入り、北塔に登りました。入場は無料ですが、塔に登るのは有料で、7.5€でした。

一人がやっと通れる程の幅の狭い石の階段を300段程登ります。

chartres-a1

階段の窓から見える下界の景色。

chartres-a2

こんな所にいたずら書きでしょうか。

chartres-a3

苔びっしりが、美しいガーゴイル。水を通す溝が見えます。

chartres-a10

ガーゴイルは水を吐いて洪水を起こす伝説上の悪竜で、ある聖職者に退治されたことから、教会などの雨樋の排水口にデザインされるようになったとのこと。奥の二頭は崩れているようす。

chartres-a4n

真上から見ると十字架になっているという緑青色の屋根。

chartres-a4

ヴィム・ヴェンダース監督の映画「ベルリン・天使の詩」のシーンを思い出す。

chartres-a5

この構造が塔を支えている。

chartres-a6

細部まで本当に凝っている・・・。建造中を見てみたい。

chartres-a7

一人がやっと通れるくらいの恐怖のバルコニー。脚がすくみます。

chartres-a8

こちらは立ち入り禁止ですが、通れるなら行ってみたい。

chartres-b2

時がとまっているかのよう。

chartres-b6

美しい町並み。新しく作り替えず、昔の建物を大切に残しているところが本当に魅力。

chartres-c3

さて、塔から降りたら、シャルトルの町をお散歩してみましょう。

シャルトル大聖堂の外観はこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂のステンドグラスはこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂の彫刻はこちらをご覧ください。

シャルトルの町並みはこちらをご覧ください。

 

シャルトル大聖堂-彫刻

chartres-s16

シャルトル大聖堂の聖堂西側ファサード (正面中央)の諸王の門。「王の扉口」と呼ばれる、ロマネスク彫刻の傑作。

chartres-s17

キリストの頭の右上にご注目。鳥の巣有り。右手を巣に当てて、雛を守っているようにも見える・・・。

chartres-s2

タンパンの下の人像円柱。ずらっとお並びで、お迎えいただきました。

chartres-s9

フランス革命時でしょうか?左腕が皆・・・。それにしても衣の襞の彫刻が素晴らしい。

chartres-s12

聖書の事は良く分かりませんが、悲しげな人魚。

chartres-s13

こちらは矢を射る獣人。

chartres-s8

何を意味しているのでしょうか?

chartres-s11

不気味な昆虫。

chartres-s3

美しい襞. A

chartres-s4

美しい襞. B

chartres-s10

植物の模様。

chartres-s6

門扉のアップ. A

chartres-s7

門扉のアップ. B

chartres-s18

北塔に登ったところにある彫刻。

chartres-s15

骸骨。

シャルトル大聖堂の外観はこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂のステンドグラスはこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂の北塔からの眺めはこちらをご覧ください。

シャルトルの町並みはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

シャルトル-シャルトル大聖堂-ステンドグラス

chartres-d2

パリのモンパルナス駅から在来線(SNCF)のル・マン行き急行列車に乗り約1時間、シャルトル駅下車でシャルトル大聖堂へ。

今は再現するのが難しいと言われている、「シャルトル・ブルー」という名で呼ばれる美しい青が特徴的なステンドグラス

北のバラ窓は、イエスキリストの誕生を予言した旧約聖書の人物たちと聖母マリアテーマ。

chartres-d1

聖母子や聖人の描かれた窓。衣装の青がさすが本当に美しい。

chartres-d4

全長130メートル、幅が46メートルに及ぶ壮大な空間の壁という壁の窓には、すべてステンドグラスがはめ込まれ、その数は176枚。

chartres-d5

シンプルな格子のステンドグラス。個人的にはこちらが好き。

chartres-d6

ステンドグラスは第1次・第2次世界大戦中は外して保管された。

chartres-d7

13世紀から、その美しさは保たれている。

chartres-d8

12世紀、この時代のステンドグラスが最も美しい。現代、何世紀にも及んで美しさを保てる物を何か作れるでしょうか?

chartres-d3

シャルトル大聖堂の外観はこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂の彫刻はこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂の北塔からの眺めはこちらをご覧ください。

シャルトルの町並みはこちらをご覧ください。

 

シャルトル-シャルトル大聖堂

chartres-b1

パリのモンパルナス駅から在来線(SNCF)のル・マン行き急行列車に乗り約1時間、シャルトル駅下車でシャルトル大聖堂へ。

Chartres(シャルトル駅)からシャルトル大聖堂までは、徒歩10分程です。

フランス国内において最も美しいゴシック建築の一つであり、ステンドグラスの美しいシャルトル大聖堂に一度は訪れてみたいとずっと思っていて、本日はいよいよここに来ることができました。

フランスの各地のノートルダム大聖堂(ストラスブール、ランス、アミアン)と同様、世界遺産。1134年から1260年にかけて建立され、 左右二つの形状の異なる尖塔と、銅が酸化した鮮やかなターコイズグリーンの屋根、そして最高傑作である内部のステンドグラスなどが主な特徴。

確かに、右の塔と左の塔のかたちが違っています。

北の塔(左側)は登れるそうです。

chartres-b4

シャルトル大聖堂の前には不思議な植物が植えられていて、それが美しい絵になっています。

chartres-b3

シャルトル大聖堂の前の彫刻。

chartres-b5

シャルトル大聖堂のファサード。

chartres-b7

シャルトル大聖堂のバラ窓の外観。

chartres-b10

南塔側から見た外観。

chartres-p2chartres-p1

大聖堂の中に入り、日本人用のパンフレットをいただきました。

「あらまし」日本人が翻訳しているのでしょうか・・・。

chartres-b8

パリのモンパルナス駅からシャルトルに行く時に乗ったフランスの国鉄SNCF

モンパルナス-シャルトルの料金は、往復30€くらいでした。

chartres-b9

メトロやRER(エール・ウ・エール)と違って、シートはシックでキレイでした。

シャルトル大聖堂の外観はこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂の北塔からの眺めはこちらをご覧ください。

シャルトル大聖堂の彫刻はこちらをご覧ください。

シャルトルの町並みはこちらをご覧ください。

パレ・ロワイヤル

パレ・ロワイヤル( Palais-Royal)回廊に囲まれた庭園と現代アートを鑑賞できる場所。

ルーブル美術館やコメディフランセの直ぐ近くです。

palais-royal2014-9

広場の中央に大きな噴水があります。冬なので噴水はお休みのようです。

palais-royal2014-6

回廊に囲まれた広場。

palais-royal2014-8

美しく手入れている木。

palais-royal2014-1

工事中。

palais-royal2014-11

広場にギャラリーが。

palais-royal2014-10

鳩も絵になります。

palais-royal2014-7

朝から何を熱心に勉強されているのでしょう。ウィンドウ越しの姿が素敵。

palais-royal2014-5

ゴージャスな色。回廊にはブティック、画廊、骨董品店などが軒を並べ、気軽にウインドーショッピングが出来ます。

palais-royal2014-4

朝の静寂に包まれた回廊と広場。

palais-royal2014-3

木の周りの土にご注目。

palais-royal2014-13

有名な高級レストランLe Grand Véfourのランチメニュー。

palais-royal2014-15

中庭の広場には1986年に完成したダニエル・ビュラン作の白黒のストライプ模様の260本の円柱

palais-royal2014-16

お賽銭が投げ込まれています。

リモージュ焼きの老舗-ベルナルト

有名ブランドが軒を連ねるロワイヤル通りへ。
高級リモージュ焼きの老舗、ベルナルドのパリ本店に伺いました。

普段はウィンドーショッピングだけですが、白く美しい陶器のリモージュ焼きが大好きなので店内に入ってみました。
著名芸術家とコラボレートの数々が並んでいます。

bernardaud-4

洗練された店内。

bernardaud-3

中央の花瓶。とても素敵です。小さい方を購入しました。

bernardaud-6

陶器なのに、灯りで柔らかい暖かさが出ています。

bernardaud-5

こちらの卓上ミニライトは沢山の美しい柄があります。昨年、ラファイエットで小さいライトを1個購入。リモージュ焼きを知るきっかけとなった一品。

bernardaud-2

なんと大胆なドアハンドル。

bernardaud-1

すがたかたちのドアハンドルも売り込んでみようかしら?

bernardaud-7

パートナーからのプレゼント。

 

Le Pavillon Elysée Lenôtre

シャンゼリゼ通り、Grand Palais の近くにあるレストランLe Pavillon Elysée Lenôtre。

シャンゼリゼ通りをぷらぷらとお散歩している途中で見つけました。

Lenôtreと言えば、高級デリカテッセンや、お菓子で有名だと思いますが、こちらはレストランです。

le-notre-1

素敵な環境に囲まれたグルメが集うLe Pavillon Elysée Lenôtre。

le-notre-3

入る予定は有りませんでしたが、メニューをチェック。

le-notre-2

素敵な建物なので、記念撮影をしていると・・・。

le-notre-4

「写真だけじゃなく、お店に入ってよ。」と言ってるのかしら。シェフにジロっと睨まれました・・・。

次はぜひランチタイムに行きたいと思います。

LENOTRE