益子「もえぎ」での高橋牧子展の報告 エピソード編B

img_2-4

2009年1月24日(土)~2月8日(日)まで、益子の「もえぎ本店」にて、キルト作家 高橋牧子の個展が開催されました。

その展示の様子をお知らせ致します。

会期中、ディスプレイとして、ガラスのお面を展示していました。このガラスのお面はわたし自身の顔です。わたしの布作品よりも、こちらのガラスのお面が気になって仕方が無かった方も多々いらっしゃるかと思います。持ち上げて見た方はいたかどうか分かりませんが、結構重いです。半透明なのに不思議な存在感があり、主人が作ったものですが、今ではわたしの大のお気に入りとして、自宅のアトリエの机にも飾っています。重いついででいうと、アンティークアイロンを重しとして、3つ置きました。これも、主人がかつて自分の作品に使用していたものです。主人は現代アートを専門にしていて、世界各国で作品を発表し、アーティストとして相当なキャリアも積み上げてきました。今回、わたしの初個展が決まると、謙虚にも「僕も助手としてお手伝いするよ。」などと言うので、「それじゃあ、ディレクターとしてお願いね。」と言うと、「ほぉ~、ディレクターなんて、アーティストより上じゃない。」(嘻々)などなど、益子へ向かう車中での夫婦のホットな会話もありました。(笑)

img_0-4