益子「もえぎ」での高橋牧子展の報告 アップギャラリー編G

apg

2009年1月24日(土)~2月8日(日)まで、益子の「もえぎ本店」にて、キルト作家 高橋牧子の個展が開催されました。その展示の様子をお知らせ致します。

ここでは、わたしのお気に入りのキルトのアップをエピソードと共にご紹介致します。
このキルトは、今回の展示で、お気に入りNO.1のキルトでした。個展開催の前に、できあがったキルトを自己鑑賞するために、自宅のアトリエに飾っていましたが、晴れた日に見ても、雨の日に見ても、曇りの日に見ても、なんとなく気分が落ち着きました。ぱっと見ても、真ん中のオレンジ色が目を惹きますが、よ~く見ると、上から細かい波がずぅ~と小さく畝っていて、大地を思わせる壮大観があります。(大袈裟過ぎですね、、、。)
とにかく、思い入れがあり、自分でも持っていたい一品でしたが、京都からいらした方が気に入られてお持ち帰りしていただきました。わたしはお会いしていないのですが、ディスプレイ用に天井からぶら下げていたランプシェードも非売品でしたが気に入られたようで、もえぎのスタッフの方から、電話がかかってきて、「おいくらですか?」と聞かれた時には困りました。(もちろん嬉しくも思いましたが。)売ってしまった後に言うのもなんですが、本当に、これもまた自宅用にと、針金をペンチで曲げて芯を作って、(これがまた微妙に歪んでいるのだ、、、)布を適当に切ってボンドでペタべた貼付けて、、、。工作気分で休日に作った作品で、点灯すると、「ステンドグラスみたいで素敵!」と自画自賛していた一品です。しばらく自宅の元床の間にぶら下がっていただけに、無くなってしまった今となっては少し寂しく思うのでした、、、、、。それにしても、何かとお目が高い京都の方のお気に召したなんて、光栄な話です。