ハコニワさん-高橋牧子 マット出品

すっかり秋ですね!今日も秋晴れの清々しい良いお天気です。
外の陽気に誘われつつも、この所、およそ一ヶ月は自宅アトリエにこもり、時間がある限りひたすら制作の日々。
毎朝7時30分に子供たちが元気に学校へ登校した後が、わたしの制作開始の時間。
せっせと手を動かしている内に、あっと言う間に時間が過ぎて行きます。
それでも、着々と作品が出来上がりアトリエの景色を彩ってくれると、心地良い疲労感と満足感で嬉しくなります。
近頃は、5年前に近くのペットショップで5匹100円で買って来て以来、唯一、1匹生き残って数年経っている
“きんぎょ”に親近感を感じています。よくも一人(一匹)で頑張って生きてるなぁ、と。
餌をあげようとすると、口を一生懸命パクパクするきんぎょさん。狭い水槽の中で、ただ一匹、何を考えて生きているのやら。(たぶん何も考えていないでしょうけれど、、、。)
時々、”きんぎょも頑張って生きているのだからわたしも頑張ろう。”と思うのでした。。。

写真は、9月の東京ギフトショーで出会った「ハコニワ」さんに最近納めたマットです。

「スープカップと木のさじ」展 2012年10月18日~ ”ハコニワ”さんで始まります。