ワークショップー羊毛ボールの針山

blog_import_5796de3692186

宇都宮市にあるギャラリー「松本民芸家具 ギャラリー織絵」さんでの「高橋牧子 布のランプシェード展」の様子をご報告致します。

本日は、ワークショップの日。南ヶ丘牧場の羊毛を使った羊毛ボールの針山を作りました。
大勢の方にお集りいただきました。皆様、隣合わせた方とおしゃべりをしながら手縫いの時間を楽しんでいただけました。わたしも、こんなに沢山の方々と手縫いの時間を共有できて、いつになくハッピーな、わくわくした気持ちで一日を過ごす事ができました。手仕事の時間は本当に良い気を生み出すものだと、つくづく思います。参加者皆様の針山が出来上がる頃には、会場は人の暖かい気で満たされていました。
羊毛ボールは、およそ6cmの円形のものをご用意致しました。羊毛用の特殊なニードル(針)を使って、1000~2000回程、チクチク、チクチクと羊毛を刺し固めて作ります。そういうと、皆様、「え~!2000回!」と驚かれました。慣れるまでは、1個作るのに、だいぶ時間がかかるかも知れませんが、慣れてくると、1秒間に3回くらい刺せるので、60秒/1分で180回、600秒/10分で1800回刺せる計算になります。もちろん、かなり手が疲れますが、、、。それでも、ふわふわの羊毛ボールができてくると、心もふわふわ、楽しい気持ちになれます。
ワークショップご参加の皆様には、羊毛ボールの座布団部分を作っていただきました。7cm角の四角形の布を4枚縫い合わせ、座布団に仕立ててから、中に羊毛をぎゅぎゅと詰めて、木のボタンで止めてもらいました。座布団に羊毛ボールを乗せて完成!18個、手縫いの様々な配色のオリジナル座布団の上で、羊毛ボールも嬉しそうでした。
最後の写真はご参加いただいた方の作品です。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

場 所:松本民芸家具 ギャラリー織絵
〒320-0027 宇都宮市塙田3-5-1 桔梗ビル1F・4F, TEL:028-627-4100
会 期:2009年11月3日(火・文化の日)~ 11月30日(月) ※水曜休み
時 間:am10:00- pm6:00

blog_import_5796de380a3c3

保存

保存