金沢-東山-近江市場

金沢町歩き1

本日は、レンタル自転車「まちのり」に乗って、一人お気軽に、金沢街歩き。

まちのりは、1日乗ってもたったの200円です。1回の利用につき30分を超えると追加料金が発生するようですが、30分以内にサイクルポートに自転車を返却し、その後に乗り継げば大丈夫。天気も良いし、車より自転車好きのわたしにはピッタリ。金沢駅からひがし茶屋までのみちのりは約2km。歩くとたぶん20分以上は掛かり、少々きついと思いますが、自転車ですと、ゆっくりこいでもほんの10分程度です。

ひがし茶屋街に向う途中、浅野川大橋から眺めた梅ノ橋(たぶん)。浅野川大橋は、平成13年に国の登録有形文化財となりました。浅野川は、どことなく繊細な情緒があることから別名「女川」と呼ばれ、界隈に金沢らしい風流を漂わせています。この橋の界隈は、金沢の三文豪のひとり、泉鏡花ゆかりの場所が数多く残っているそうな。春には河岸の桜が咲き誇り、お花見スポットの一つとなっているのですって。

まちのり「ポート①金沢駅A 本庁2丁目駐輪場内」で自転車を借りて、「ポート⑱東山 交番横」で返却。ポート⑱は、浅野川大橋を渡りきった、すぐ右手にありました。自転車を降りてからは、とぼとぼと気ままにひがし茶屋を歩きました。

金沢町歩き2

浅野川大橋を渡ると、すぐに風情のある景色。

金沢町歩き3

蜜菓子屋「奈加川」の看板。野菜を砂糖漬けにしたお菓子屋さんです。

金沢町歩き4

経田屋米穀店の暖簾

金沢町歩き5

町屋で食べる金沢フレンチのお店「くりゑンテ」の入口。「くりゑンテ」という店名は「クリエーティブ」と「オリエンタル」を組み合わせた造語だそうです。

金沢町歩き6

光明山 寿経寺の入口。

卯辰山米騒動で獄死した7人の菩提を弔う7体の地蔵、七稲地蔵で知られる浄土宗寺院。

金沢町歩き7

うろこ雲。秋ですねぇ。うろこ雲が出ると雨が降ると言いますが・・・。

金沢町歩き11-1

ここは何処でしょう?「暗がり坂」?「あかり坂」?

ぷらぷらと歩いて階段を登って行ったところです。昔ながらの屋敷の窓に興味を惹かれて、パチリ。

円形の窓に格子は竹でしょうか?

金沢町歩き8

ここは東山一丁目。

金沢町歩き9

この辺りは、賑わっています。

金沢町歩き10

工芸品のセレクトショップ「今日香」。

金箔工芸、箸、ろうそく、てぬぐい等、自分用にもお土産にも良いもの、見つかりそう。

金沢町歩き11

打ち水をされたのでしょうか?晴天なのに、路面がしっとりしていて落ち着きます。

金沢町歩き12

ここはまさに、ひがし茶屋の観光の中心?並んで写真を撮っている人々が続々と。

金沢町歩き13

佃の佃煮の前でくつろぐ人々。

金沢町歩き14

石川の地酒屋さん。「お買い上げは現金で。」

おススメの地酒を聞いて、お土産に購入。

金沢町歩き17

ひがし茶屋から自転車に乗り、近江町市場に来ました。

まちのり「ポート③十間町 駐輪場内」が近くです。

金沢町歩き15

いろいろ買って帰りたいなぁ。

金沢町歩き16

北陸のカニ。

金沢町歩き18

森八。創業390年の歴史。古き佳き金沢の情緒を感じるお菓子が並んでいます。お土産に御千菓子を購入。

さて、これから兼六園、金沢21世紀美術館にも行きたいなぁ。

でも、はくたか乗車予定時間が迫っているので、帰路に向います。

金沢でのご縁を大切に、また来年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です