日光霧降 幾何楽堂

  img_2-2

—こちら「行きました」のコーナーでは、行って「観た」出来事を綴ります—

日光霧降高原の幾何学堂でのオカリナ演奏会に行きました。
異空間建築、扉作家の小坂憲正さんが日光霧降高原に建築した幾何学堂は、そこに住む人と自然の境界線が区切られていない、理想的な空間でした。
子供たちを膝に乗せて、美しい音色のオカリナ演奏を聞きながら、私自身が童心に返り時間が遡っていく感覚でした。心で聞くとは、自分の中の余分なものがそぎ落とされて行き、無欲になり、感動があり、幸せや充足を感じました。
白いバラの写真は娘が撮ったものです。
子供たちも今日の事は記憶のどこかにインプットされて、大人になってからも、ふとした瞬間に鮮やかに蘇ることでしょう。

日光霧降 幾何楽堂ブログ より
http://plaza.rakuten.co.jp/kikagaku/diary/

~7月12日
霧降高原キスゲまつりフィナーレ

オカリナ奏者の瀬戸祐介君が
幾何楽堂で無料コンサート

午後2時開催です
とても素晴らしい音色の瀬戸君のオカリナ
是非一度お聴き下さい!~

img_1-3 img_0-2