キグレNEWサーカス

—こちら「生活」のコーナーでは、子供たちとの日々を綴ります—

2/11(祝)建国記念の日、ロマンティック村に来ているキグレNEWサーカスを見に、子供たちを連れて行きました。きっかけは、サーカスが来ているとは知らずにロマンティック村へ遊びに行った時、子供たちが吸い寄せられるようにサーカスのテントへと走って行き、その中から聞こえる音に耳を傾けて、「中にはいりたい!」と言い出した事です。その日は最終回がすでに始まっていたので、「今度ね」と言ったら、下の子が、見たい、見たい!とぐずりだしたので、「絶対、今度って約束するから」と指切りげんまんをしてしまったのです。
それからおよそ2週間後、いよいよ当日。子供たちは、サーカスは二回目。でも、下の子は、まだ3歳になる前に連れていったので、その時の事をよく覚えていないらしく、今回はまるで初めてのようにドキドキワクワク楽しみにしていました。下の子が特に興奮したのは、鉄格子の大きな円の中にバイクが入り、凄いスピードでぐるぐると回る演技です。ブルンブルンッ、、、と大きなエンジン音がテントの中に響き渡り、キラキラと光る鉄格子の中を「わぁ~」という驚きと好奇心の目で真っすぐに見つめていました。
わたしも、子供の頃に連れて行ってもらって見たサーカスの記憶に、この円形の鉄格子のイメージが残っています。あの時と同じものなのかなぁ、、、なんてふと思いました。

今月末、2/28 までロマンティック村で毎日上演しています。
子どもたちはやはりサーカスが大好きですね。

保存

保存