ー「わたし」にできることは?ー四月二日

ー「わたし」にできることは?ー
をテーマに、幼子を持つ母としての目線で、東日本大震災で多大なる被害を受けてしまった方々に対し何ができるのか、を購読している朝日新聞の記事を元に考えています。

「おなかの赤ちゃん守る」
自分自身、妊婦の時の大変さを思い出しました。。。それでなくても体の変化に何かと神経質になってしまう事があり、ゆっくり安静に過ごせる環境が大切な時に、まさかの大震災。。。妊婦や赤ちゃん連れのお母さんを受け入れるホテルや旅館、ホームステイがありますが、どうか避難所で無理して頑張らず、できるだけ楽に過ごせる施設に移り落ち着いて欲しいです。