ままごとセットを卒園記念に手作り

昨日は、娘の通う幼稚園のサークル活動、手縫い母の会の最終日でした。
手縫い母の会は、2008年4月に、ママ共たちの間で「ぜひ、皆で集まって手縫いができる場を作って欲しい」という要望があり、立ち上げた会です。
今まで、月に一回、幼稚園に集まり、運動会の玉入れの玉、端切れを使ったアクセサリー作り、体操着入れ、クリスマスオーナメント、ドレスタオルなどを作ってきました。
2009年4月頃に、「フェルトでままごとセットを作って園児に渡したいね」と話し合い、お弁当セットをこつこつと作りためてきて、昨日、ようやく園にプレゼントをする事ができました。お弁当箱には、牛乳パックを箱形に組み立てて、ボンドでフェルトを張り、周辺を縫って仕上げました。その中に、おにぎり、ウィンター、卵焼き、海老フライ、ギョーザ、プチトマト、イチゴ等を詰めました。全部で12セット作り、3歳児クラス、年少、年中、年長の各クラスに一セットづつ、プレゼントしました。
最後に残ったおよそ15人のメンバーで最終日は賑わいました。

わたしのブログでは個人名が入るので紹介を控えますが、本日の朝日新聞の記事にもなりました!
また、園長が感激して、幼稚園のHPに写真入りで載せてくれました。
子どもたち、喜んでくれたかな?

手縫い母の会を通して、ママ共たちとの親睦も深まり、立ち上げて良かったと、最終日の帰り際に、しみじみしてしまいました。

もうすぐ卒園式。卒園式の後の祝賀パーティーのお世話係の祝賀委員でもあるわたし。。。
いよいよ忙しくなって来ました。
それでも幼稚園生活のクライマックス。
ママ共たちと楽しみながら、良い思い出作りに励みたいです。