ブリュッセル-グラン=プラス

ベルギーのブリュッセル中心地にある大広場グラン=プラスへ。

ヴィクトル・ユゴーが賛嘆したことでも知られるこの大広場は、1998年にユネスコの世界遺産に登録された。

世界で最も美しい広場のひとつと見なされている。

grand-place-1

1402年から1455年の間に建造された市庁舎。

grand-place-13

頂上には竜を打ち倒す天使ミシェル像が飾られている。ミシェルはブリュッセルの守護天使。

遠くて良く見えませんが。

grand-place-2

陽が差し込むグラン=パレス。そういえば今日は、冬のヨーロッパでは珍しい雲一つない晴天。

grand-place-3

冬なので花市はありませんでした。

grand-place-4

1523年にプロテスタントの最初の殉教者たちであるヘンドリク・フォエス(Hendrik Voes)とヤン・ファン・エッセン(Jan van Essen)がグラン=パレスで火刑に処されたという歴史を思うと、ちょっと恐ろしい。

grand-place-5

2年に一度、偶数年の8月中旬にグラン=パレスで開催されるというフラワーカーペット。

機会があれば、夏にもぜひ訪れてみたい。

grand-place-7

モザイク状の石畳が美しい。

grand-place-10

ブリュッセルの少女たち。

grand-place-8

グラン=パレスのチョコレート屋さん。観光客で賑わっていました。

grand-place-12

古いままの木の扉。

grand-place-11

修復された(?)木の扉。

grand-place-9

グラン=パレス近くのお土産屋さん。

grand-place-14

Manneken Pis(小便小僧)。グラン=プラスの直ぐ近くで、ガイドブックに載っていたので、行って見ました。

grand-place-15

現在設置されている像はレプリカで、オリジナルの像(1619年にフラマン人彫刻家ジェローム・デュケノワにより製作)は1960年代に盗まれた?らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です