エコール・デ・ボザール

DES ART-4 DES ART-3 DES ART-2 DES ART-1

パリ、シテ島にある国立高等美術学校、エコール・デ・ボザールへ。

1987-89年、夫が留学していたので、シテ島周辺に来た時には立ち寄ってみています。

2002年春に来た時は、偶然にも当時の先生と再開。覚えていてくれたようで、近所のカフェでしばし思い出話に花を咲かせていましたが、この日はシーンと静まり返っていて人気無し。冬休みなのでしょうね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

エコール・デ・ボザール( École nationale supérieure des Beaux-Arts)は17世紀パリに設立されたフランスの国立高等美術学校であり、グランゼコールの一つ。350年間以上にわたる歴史があり、建築、絵画、彫刻の分野に芸術家を輩出してきた。現在は建築がここから切り離されている。

カリキュラムは画家と彫刻家育成の「絵と彫刻アカデミー」と建築家育成の役割を果たすセクション「建築アカデミー」に分割される。今日その名を残す有名な芸術家の多くがここで訓練され、エドガー・ドガ、ウジェーヌ・ドラクロワ、ジャン・オノレ・フラゴナール、ドミニク・アングル、クロード・モネ、ギュスターヴ・モロー、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ジョルジュ・スーラ、アルフレッド・シスレーなどの名が挙げられる。(ウィキペティアより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です