ギマール “ギマール自邸”

Hotel Guimard-1 Hotel Guimard-2 Hotel Guimard-3 Hotel Guimard-4 Hotel Guimard-5 Hotel Guimard-6 Hotel Guimard-7 Hotel Guimard-8 Hotel Guimard-9

2013年1月23日(水)。パリのアール・ヌーヴォー建築を散策。

この日のパリの街は曇りで、シンと身に染みる寒さ。

私たちは、アルマ・マルソー(Alma Marcesu)のマルシェでクレープの朝食をとった後、メトロ9号線 ジャスマン(Jasmin)で下車し、 ギマールの設計したアール・ヌーヴォー建築を探し、16区を歩き廻りました。

今 回のギマール建築散策ルートは、メトロ9号線ジャスマンで下車した後、ギマール邸→メザラ邸→カステル・ベランジェの順で視察する道のり。1月のパリはと ても寒いので、1月にパリに行く予定の方は、手袋、マフラー、帽子の3点防寒セットを忘れずに。また、雪や雨が降る事もあるので、折りたたみ傘を持参する と、いざという時に安心です。

グーグルマップで調べると、「ジャスマン駅→ギマール邸→メザラ邸→カステル・ベランジェ」は、徒歩1.1kmで13分となっています。わたしたちは、一つ一つじっくりと見て、写真を撮ったりしたので、2時間くらい、かかりました。

パリ16区 ギマール建築 「ギマール自邸」「メザラ邸」「カステル・ベランジェ」ルート(グーグルマップ)

ギマール自邸(Hôtel Guimard):122, Avenue Mozart

メザラ邸(Hôtel Mezzara):60, Rue Jean de la Fontaine

カステル・ベランジェ(Castel Béranger):  14, Rue Jean de la Fontaine

カフェ・アントワーヌ(Café Antoine) : 17, Rue Jean de la Fontaine

 

ギマール自邸(Hotel Guimard, 1909-12建設)は、モザール通り(avenue  Mozart)の三角形の区画に建っています。

ぽかんと大きく開けた口のような出窓とその下の細長いガラス窓が5つアーチのように並んでいる造りが印象的です。ギマールは1909年にアメリカ人アデリーン・オッペンハイマと結婚し、その新居としてこれを建て1938年までここに住んでいました。
しかし妻がユダヤ人だったため、ナチスの迫害を避けてニューヨークに渡り異国で72歳で生涯を終えてしまったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です