ギマール “メザラ邸”

mezzara-1 mezzara-2 mezzara-3 mezzara-4mezzara-5

2013年1月23日(水)。パリのアール・ヌーヴォー建築を散策。

この日のパリの街は曇りで、シンと身に染みる寒さ。

私たちは、アルマ・マルソー(Alma Marcesu)のマルシェでクレープの朝食をとった後、メトロ9号線 ジャスマン(Jasmin)で下車し、 ギマールの設計したアール・ヌーヴォー建築を探し、16区を歩き廻りました。

今 回のギマール建築散策ルートは、メトロ9号線ジャスマンで下車した後、ギマール邸→メザラ邸→カステル・ベランジェの順で視察する道のり。1月のパリはと ても寒いので、1月にパリに行く予定の方は、手袋、マフラー、帽子の3点防寒セットを忘れずに。また、雪や雨が降る事もあるので、折りたたみ傘を持参する と、いざという時に安心です。

グーグルマップで調べると、「ジャスマン駅→ギマール邸→メザラ邸→カステル・ベランジェ」は、徒歩1.1kmで13分となっています。わたしたちは、一つ一つじっくりと見て、写真を撮ったりしたので、2時間くらい、かかりました。

パリ16区 ギマール建築 「ギマール自邸」「メザラ邸」「カステル・ベランジェ」ルート(グーグルマップ)

ギマール自邸(Hôtel Guimard):122, Avenue Mozart

メザラ邸(Hôtel Mezzara):60, Rue Jean de la Fontaine

カステル・ベランジェ(Castel Béranger):  14, Rue Jean de la Fontaine

カフェ・アントワーヌ(Café Antoine) : 17, Rue Jean de la Fontaine

 

ギマール自邸を視察した後、メザラ邸(Hotel Mezzara, 1910年 建設)へ。モザール通りを、ジャスマン駅の方に戻り、ジョルジュ・サンド通りを通って、ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ通りに入ると近いです。ギマールの作品は、Rue Jean de la Fontaine と、av Mozartに集中しています。

さて、メザラ邸は3階建ての戸建住宅。調べていませんが、中には入れず。玄関の木の扉、植物や花をモチーフにした鋳鉄細工とステンドグラスが美しいですね。バルコニーも印象的。なるもともと1階の半分ほどは施主のタペストリーの店舗であった(ウィキペディアより)そう。内装や中庭は一体どうなっているのでしょうね。こんな家の住んでいたら、時間の流れ方が変わりそう。どんな空間に身を置くかで、人の考え方も変わって行くでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です