レオン・ド・ブリュッセル

mo2014-p2

グザビエ君のファミリーと、ムール貝のお店、レオン・ド・ブリュッセルで打ち上げパーティをしました。

この日は、メゾン・エ・オブジェ最終日で、すがたかたちインターン生のグザビエ君とローレンスさんに搬出を手伝ってもらった後、ムール貝のお店「レオン・ド・ブリュッセル」へ。

グザビエ君のお父さんがメゾン・エ・オブジェの会場まで車で迎えに来てくれました。なんと、ラ・ロッシェルから8時間もかけて、わたしたちの為に来てくれたのです。しかもこの日はグザビエパパのおごり。本当に有り難い話です。お友達のファミリーも合流し、賑やかで楽しいディナータイム。こんな心暖かなひと時が、わたしを支えてくれています。

mo2014-p1  mo2014-p3

ムール貝といえばここ!といわれるほど、パリでは知らない人がいないくらいの超有名店「Leon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)」。本店はベルギーにあるそうですが、パリにも9店舗もあるそうです。
名物はなんといっても、バケツいっぱいのムール貝(16ユーロくらい)。ひとバケツが一人前なのか二人前なのかは分かりませんが、フランス人なら当然の如く一人ひとバケツ食べるようです。日本でムール貝を食べようと思っても、パエリアに添えられているのはせいぜい2~3個。こんなに沢山、と思っても、フライドポテトをつまみながらいくら食べても飽きません。ムール貝大好きになりました。日本で食べるムール貝と違って、身はぷりっと弾力があり、独特の苦みとコクがクセになります。ムール貝から出た旨みの凝縮されたスーブを、付け合わせのパンに浸して食べるのも美味ですよ。

Leon de Bruxelles(レオン・ド・ブリュッセル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です