自宅オープンハウスー2010年10月

高橋靖史「Living Room/生きている部屋」

日時:10月23(土),10月24(日) 10:00-17:00

先週末は、夏に引き続き、自宅オープンハウスで賑わっていました。
今回のオープンハウスで、一番に張り切っていたのは、やはり主人です。
3年前に「すがたかたち工房」を夫婦で立ち上げてからは、「生活とアート」を区別せずに、生活の延長線上にアートも乗って来たような暮らしに変わって行きました。

土曜日は朝から来客があり、夜はニューヨークに住んでいるアーティスト田中康予さんの個展のオープニングパーティ二次会場として、京都、千葉や東京の遠方から我が家にしては久々に沢山のお客さんがいらっしゃったので、わたしも張り切って、カナッペやリンゴのワイン煮、栗の渋皮煮、シーフード炒め、鮭のおにぎり(なんか、リストすると大した料理でもありませんが、、、)を作って準備をしました。
前橋からはドイツでも大活躍の映像作家のOnoda kenzoさんがいらっしゃり、朝まで主人と語りつくし泊まってってくれました。

日曜は、彫刻家の杉山さん、ダンサーの妻木さん、アートラバーの荒川さんが次々にいらっしゃり、アート話に花が咲きました。
わざわざお越し下さった方々に心から感謝すると共に、人と人とのつながりを大切に、これからも根強くもの作りに励んで行きたいなと思いました。

※写真には、一部、ギャラリーインザブルーでの田中康予さん個展のオープニングパーティの様子も含まれています。