蜜蝋のろうそく

—こちら「作りました」のコーナーでは、作ってみたものをアップします—

蜜蝋のろうそく作りをしました。

1.ミツバチの無駄巣を熱湯の入れて融かす。
2.完全に融けたら、鍋を水で冷やして、蜜蝋と水を分離させる。
3.分離した蜜蝋を再び鍋で融かす。
4.ガーゼで漉しながら瓶に移す。
5.割り箸にたこ糸を結びつけ、融けた蜜蝋に浸し、出して冷ますを何度も繰り返す。

この「蜜蝋のろうそく作り」はNHKのターシャ・デューダの特集で知りました。
冬が訪れる前に、家族全員で行う蜜蝋のろうそく作り。
わたしもいつか作ってみたいと思い、栃木県の塩谷町の養蜂農家の方にお願いして、無駄巣(みつばちが巣箱の間に勝ってに作ってしまった巣)を分けていただきました。これで、クリスマスキャンドルにしたら最高です!みつばちとマリア様とは関連性があり、教会のキャンドルは必ず蜜蝋で作られているということです。

blog_import_5796df128586f

blog_import_5796df1468b4b

blog_import_5796df1651bbe

blog_import_5796df1886908

blog_import_5796df1ab6a5d

blog_import_5796df1cb3cc8

保存