メゾン・エ・オブジェ・パリ 2015 すがたかたち

M&O2015-3

今年2015年は、ジェトロジャパンブースとして、Hall 8 now!に3回目出展が決まった「すがたかたち」。

昨年2014年も同様にHall 8 now!に出展し、今回は継続出展による、欧州への販路開拓の本気度を試される年となりました。

”すがたかたち”は 2013年、ジェトロが主催の共同出展ブースJ Style +に、日仏選考委員により選抜された16社と共にメゾン・エ・オブジェ・パリ初出展。

メゾンオブジェとは、毎年パリで1月と9月に開催される欧州最大級のインテリア&デザインの国際見本市。

会場となるパリ・ノール・ヴィルパント見本市会場はパリ市内北部に位置し、シャルル・ドゴール空港からアクセスしやすい立地にあり、総来場者は5日間で8万5千人に昇ります。

Hall 8 は、今一番新しい、デザイン界をリードするメーカーが並び、新しいクリエイティ ブな発想で生まれた生活空間を彩る最新のオブ ジェたちが並び、メゾン・エ・オブジェでの “今・これから!” が発見できる場所です。既にブランディングが確立して高い評価を得ているクリエーター達の新作発表の場であり、世界中のバイヤーが目新しい商品を求めて行き交う、活気に溢れたホールとなっています。

その中でもHall 8 now! は、新進クリエータの発表の場とし て、小さな小間が自己主張をしながら鬩ぎあっている場所です。

M&O2015-1

ドアハンドルのデザインが一覧で見られるように壁にシンプルに展示。

M&O2015-5

白布にビニールテープのロゴを貼るのに一苦労。

お得意様のベルギーのデザイナーさんと、すがたかたちのデザイナー(夫)。

DSC_0027

机の上の展示は、その日に応じて臨機応変に。人気のBONSAI LAMPも一緒に展示。

M&O2015-4

今回の展示では、3度目の正直となる、ある素晴らしい出会いがありました。

パリから南東に700km、イタリアとの国境に近い高級スキーリゾートにある5つ星ホテルのオーナーが、すがたかたちブースにやってきたのです。そして会期中に2回、すがたかたちブースに立ち寄り、熱心に製品を見て、「今年の夏頃にオーダーします。」と言うのです。嬉しくて、リアクションMEMOには「ORDER IN JULY」と記入しました。

けれども、帰国後は半信半疑となりました。メールをしても返事が来ないし、ヨーロッパのお客様は褒め上手で、ブースに立ち寄るほとんどの人は「素晴らしい!欲しい!注文する!」などと言うのですが、その後に注文がなかなか来ないで、ついには梨の礫となるからです。

ところが、待ちに待った、8月末に本当に注文がありました!

すがたかたちのドアハンドルが、その5つ星ホテルに使われている様子は、2016年10月20日に放映された「世界で見つけたMade in Japan」をぜひご覧ください。

すがたかたち出演ビデオリンク:http://www.sugatakatachi.com/archives/TV-Tokyo-Wafu.html

この、3年目の素晴らしい出会いこそが、すがたかたちが欧州のマーケットに参入する、大きなきっかけとなったのです。

2015年 メゾン・エ・オブジェ 1月展の すがたかたち ブースイメージCG。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存