メゾン・エ・オブジェ・パリ 2014 すがたかたち

mo2014-1

メゾン・エ・オブジェ・パリ 2014 すがたかたち

今年2014年は、ジェトロジャパンブースとして、Hall 8 now!に出展が決まった「すがたかたち

昨年2013年は、”すがたかたち”は ジェトロが主催の共同出展ブースJ Style +に、日仏選考委員により選抜された16社と共にメゾン・エ・オブジェ・パリ初出展した。

メゾンオブジェとは、毎年パリで1月と9月に開催される欧州最大級のインテリア&デザインの国際見本市である。 会場となるパリ・ノール・ヴィルパント見本市会場はパリ市内北部に位置し、シャルル・ドゴール空港からアクセスしやすい立地にある。

Hall-8 now!は、今一番新しい、デザイン界をリードするメーカーが並ぶ。新進クリエータの発表の場とし て、小さな小間が自己主張をしながら鬩ぎあう。now!は、目新しい商品を求めて世界中のバイヤーが行き交う、活気に溢れたスペース。新しいクリエイティブな発想で生まれた生活空間を彩る最新のオブ ジェたちが並び、メゾン・エ・オブジェでの “今・これから!” がキーポイントになっている。

mo2014-2

今回、大注目を浴びた、”BONSAI LAMP

パリジャン、パリジェンヌから、

C’est magnifique!

Excellent!

Super !(「すばらしい!」「最高!」という意味。)などのお言葉も。

フランス人は、本当に褒め上手です。

mo2014-3

自前の展示台を用意。灯りが入ると美しく木製品を照らします。

mo2014-4

すがたかたちのメインプロダクト”ドアハンドル”。

ご縁に恵まれ、JR九州クルーズトレイン「ななつ星」に採用された、

無垢材から削り出したドアハンドル。握り心地、一級品の優れものです。

mo2014-5

昨年のメゾン・エ・オブジェで見て、素晴らしいなぁと思っていた、カナダの”molo”と”すがたかたち”が同じHall に!。

mo2014-6

ホールの外は、寒くて、案外、殺伐としています。

けれども、5日間の会期中は、世界中からバイヤーが訪れます。

メゾン・エ・オブジェ・パリは、毎年、出展企業約3,000社、入場者約80,000人の世界最大規模のインテリア見本市です。

jetro_2014_web_01 jetro_2014_web_02 jetro_2014_web_03 jetro_2014_web_04 jetro_2014_web_05 jetro_2014_web_37

ジェトロ ジャパンブース カタログ

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です